スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Dcomoより、夏モデルスマートフォン9機種発表 7機種がテザリング対応

本日、Docomoより夏モデルのスマートフォンが9機種発表になりました。

このうち、Android2.3を搭載したAndroidスマートフォンが7機種となっています。
以下がメーカーと機種名です。

パナソニック P-07C
NECカシオモバイルコミュニケーションズ MEDIAS WP N-06C
サムスン電子 「GALAXY S II
LGエレクトロニクス Optimus bright L-07C
シャープ AQUOS PHONE SH-12C
シャープ AQUOS PHONE SH-13C
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ「Xperia acro(SO-02C)

いずれの機種も、5月~8月発売予定となっています。
今回、Android機種のほとんどが、赤外線、ワンセグ、おサイフケータイ機能を搭載しているようです。
FOMA最速となる受信時最大14Mbpsに対応し、テザリング機能を搭載している機種がほとんどなようです。

それぞれの機種の詳しい機能やスペックはニュースやDocomoのホームページで確認できるので、興味がある方は確認してみてください。

さて、今回の特徴的なことは、やはりAndroid2.3対応、今までの携帯で一般的だった、赤外線、ワンセグ、おサイフケータイ機能を搭載している点、テザリングに対応してきた点だといえます。
やはり、Docomoもガラケーユーザーがスマートフォンへ移行しやすいように、今までのガラケーの良かったところを引き継いだ機種を発表してきています。
さらに、今回は発表だけだったようですが、今年の冬にはスマートフォンで今までのようなiモードコンテンツも、スマートフォンに対応していくようです。

おそらく、ガラケーユーザーの中には、iモードコンテンツが使えなくなることがスマートフォンへの切り替えのネックにはなっていると考えられます。
また、スマートフォンという響きからか、ビジネスユースがメインになると考えている人もいるようです。

しかし、今回のラインナップを見ると、かなりガラケーユーザーや女性を意識している機種もあり、今後iモードコンテンツ等に対応していけば、ますますスマートフォンユーザーは増えていくでしょう。

基本的には数年でガラケーからスマートフォンへと移行すると考えられます。
そんな中で、今大きくシェアを伸ばしている、Androidは注目すべきOSといえるでしょう。


さて、今回発表された機種の多くがテザリング機能を搭載しているようですが、しかし、その料金はいずれも、パケット定額の上限が、パソコンなど外部機器を接続したパケット通信などは10,395円となります。
そういった点では、まだまだテザリングを手軽に使えるといった料金体系にはならなかったようです。

明日はauの夏モデルの発表があります。
テザリング機能の有無、料金なども気になるところです。

[ 2011/05/16 23:47 ] Android | TB(0) | CM(0)

au、IS03、IS05向けのAndroidスマートフォン用ホームアプリ「かんたんメニュー」を6月1日から提供


少し前のニュースですが、auがIS03、IS05向けのAndroidスマートフォン用ホームアプリ「かんたんメニュー」を6月1日から提供するそうです。

自分も、スマートフォンを使い出して感じたことですが、スマートフォンの設定は、少し複雑です。
自分の使っている機種が、htc EVO WiMAX ISW11HTのせいもあるのでしょうが、電話帳などアプリでカスタマイズしないとかなり使いにくかったです。
これでは、機械が苦手な人や、シニア層には少し使いにくい携帯電話であるといえます。
そこで、登場してきたのが、IS03、IS05向けのAndroidスマートフォン用ホームアプリ「かんたんメニュー」なのでしょう。
写真で見る感じでは、らくらくフォンをイメージしたようなメニューです。


アプリを使って色々カスタマイズできるというのがAndroidの良い点です。
今までの携帯電話は、メーカーが用意したメニューや機能をそのまま使うしかありませんでした。
そのため、機種やメーカーが変わると、今まであった機能が使えなかったり、使い勝手が変わってしまったりという問題がありました。

しかし、Androidの場合、足りない機能があればアプリで足すことが出来ます。
また、気に入らないメニューやインターフェイスはアプリによって変更することが出来るのです。
しかも、Androidはiphoneでは変更できないような、入力(キーボードや入力方法)や設定等のかなり細かいところまで、アプリで変更できます。
この点は、Androidの良いところです。
また、現在では多くの人が、アプリを製作しておりアンドロイドマーケットではたいていのアプリはそろいます。
もしも、アプリが存在しなかったとしても、技術力は必要ですが、自分でアプリを製作することも出来ます。
Androidはソフトウェア指向の良いところを取り入れた製品といえます。

さて、IS03、IS05向けの「かんたんメニュー」は果たして使いやすいものになっているのでしょうか?

今後、多様なユーザー視点にたった、より使いやすいインターフェイスをもったアプリが益々必要になってくると感じたニュースでした。

[ 2011/05/15 23:49 ] Android | TB(0) | CM(0)

htc EVO WiMAX ISW11HT アンドロイドマーケットに表示されないアプリがある件

先日、htc EVO WiMAX ISW11HTを購入したことをブログに書き、その中でも少し触れたのですが、アンドロイドマーケットに表示されないアプリがいくつかあります。

本日も、「Android向けセキュリティ製品「ウイルスバスターモバイル for Android」ベータ版の無償提供を開始」のニュースを見て、早速ダウンロードしようとしたのですが、アンドロイドマーケットで表示されません・・・。
これほど、有名なソフトウェア会社もhtc EVO WiMAX ISW11HTでは対応していないようで、アンドロイドマーケットに表示されません。

これは、外国製のマイナー機種だからでしょうか?
どうもアンドロイドマーケットではAndroid OSのバージョンだけではなく、機種によっても対応、非対応が分かれてしまうようです。

今回のように、世間一般では有名なアプリでもアンドロイドマーケットでは表示されないため、ダウンロード、インストールできないアプリは多々あります。

アプリ紹介サイトで有名なアンドロイダーで紹介されているアプリもアンドロイドマーケットで表示されないためダウンロード、インストールできないこともあり、やはり不便を感じます。

そういった意味では、やはり国内メーカーやメジャーな機種にすべきだと感じることもあります。
昨日発表された、Docomo AQUOS PHONE SH-12Cも魅力的に見えてきます。

htc EVO WiMAX ISW11HTは国内発売されて間もないので対応アプリが少ない可能性もあります。
今後、対応アプリが増えることを願います。

[ 2011/05/12 23:35 ] Android | TB(0) | CM(0)

Docomoより、AQUOS PHONE SH-12C 5月20日(金)に発売予定 テザリングにも対応

Docomoより、AQUOS PHONE SH-12C 5月20日(金)に発売予定であることが、本日発表されました。

報道発表資料によりますと、Android2.3搭載、受信時最大14Mbps、おサイフケータイ・ワンセグ・赤外線通信さらに、テザリングにもに対応しているようです。

一応、特徴としてはカメラを2つ搭載し3D映像が撮影できるようです。
前回機種同様、3D表示、3D撮影、さらにはAQUOS PHONEというだけあって、液晶の表示の美しさを強調しています。

さて、もちろん3Dも魅力なんでしょうが、ついにDocomoもテザリングに対応したAndroid機種を発表してきました。

先日、auのhtc EVO WiMAX ISW11HTを購入したばかりですが、早くもDocomoより国内メーカーでのテザリング対応Androidが発売されることとなりました。
若干、htc EVO WiMAX ISW11HTの購入を早まった感はありますが、サービス内容を良く見ると、テザリング面ではやはり、htc EVO WiMAX ISW11HTのほうにまだ優位性があるように感じます。

まず、その通信速度です。
WiMAX対応のhtc EVO WiMAX ISW11HTは最大 40Mbpsですが、AQUOS PHONE SH-12Cのほうは、最大14Mbpsと3Gとしては高速ですが、やはりWiMAXのほうが速度は速くなります。

さらに、料金面ですが、htc EVO WiMAX ISW11HTはWiMAX利用にはパケット定額+月額500円という価格です。
AQUOS PHONE SH-12Cの場合ですと、パケット定額の上限が、パソコンなど外部機器を接続したパケット通信などは10,395円となります。結果、上限までテザリングを利用した場合は、パケット定額+上限額までの約5000円がかかることになります。

価格面、スピード面を見ると、テザリングという点ではまだhtc EVO WiMAX ISW11HTに分があるように感じます。

しかしながら、FOMAエリアを利用できるてんん、OSがAndroid2.3搭載、おサイフケータイ・ワンセグ・赤外線通信を供えた国内メーカー製品である点、さらにSPモードを利用して、iモードのメールの送受信できる点などなど、ガラケーの要素も取り入れた魅力的機種ではあります。

AQUOS PHONE SH-12Cの発表で今後も国内メーカーからテザリング対応したガラケー要素をとりいれたAndroid搭載スマートフォンが発表される期待が高まりました。

AQUOS PHONE SH-12Cへの機種変更を検討しつつ、新しい機種の発表も今後楽しみになってきました。

[ 2011/05/11 23:50 ] Android | TB(0) | CM(0)

htc EVO WiMAX ISW11HTを購入

以前紹介させていただいた、htc EVO WiMAX ISW11HTですが、結局購入してしまいました。
Android端末がどうしてもほしかったので、ガラケーとの2台もちです。

やはり、WiMAXのテザリングが出来るのが購入理由のひとつになりました。
(以前の紹介で、テザリングのことをデザリングと勘違いし、デザリングと連呼しておりました・・・。お恥ずかしい限りです。)

さて、購入してみての感想ですが、

まずは、本体が大きい。
大きいので重い。
しかし、大きい分画面は大きくてよいです。

動きに関しては、はじめはAndroidって動きが悪いのでは・・・とか思っていたのですが、そんなことはないです!
なかなかスムーズに動きます。
回線速度も、WiMAXはもちろん満足ですが、3Gでも十分な速度でし。
特に普通に使う分には、3G回線でも不便に感じる事は余りありません。

問題点もいくつかはあります。
まずEZメールに対応していない点。
これは、わかっていたことなので仕方ないのですが、今後対応する予定はあるみたいなニュースを見たのでそこに期待したいです。
次に、アンドロイドマーケットで検索しても表示されないアプリがある点です。
有名なアプリでも表示されない場合があります。
原因はわかりませんが・・・。
おそらく、対応機種に入っていないアプリは表示されない可能性があります。
外国製のマイナー機種のため、対応から外れてしまっているのでしょうか・・・。
友人等からアプリをメールで送ってもらってインストールすることは出来たのですが、やはりマーケットからでないとアップデートなどなど問題もあります。
そして、おそらく一番の問題は電池の使用時間でしょう。

電池はどんどん減っていきます。
普段使う際は、WiMAXはほとんど使わないようにして、さらにメールも使っていませんが、電池の減りはかなり早いです。
今のところ、使用中に電池切れになってはいませんが、おそらくテザリングやメールをたくさん使った場合は、電池がすぐになくなることが予想されます。
予備のバッテリーが標準でついてはくるのですが、いちいちカバーを開けて、電池をはずして交換というのも面倒なので、大容量バッテリーの購入か、モバイルチャージャーが必要だと思われます。

簡単ですが、こんな感じです。
購入してみての今のところの感想は、かって損は無いし、期待以上でした。
まだまだ、Androidを使いはじめたばかりですが、今後面白い使い方があったら紹介していきたいと思います。






[ 2011/05/10 23:30 ] Android | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。