スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

携帯電話を用いた糖尿病患者支援サービスを発表 富士通とアークレイ

少し前のニュースになってしまうのですが、5月16日に、富士通と医療機器メーカーのアークレイが、携帯電話を用いた糖尿病患者支援サービス、「からだライフ 糖尿病サポート」を共同開発したことを発表しました。

このサービスですが、富士通が発売している「らくらくホン」にアークレイ製の血糖値測定器をつなぐことで、血糖値のデータを携帯に保存することが出来るというサービスです。
データのはDcocmoの専用iアプリ(月額525円)で管理し、血糖値データだけでなく、携帯電話の歩数計からのデータや、「ひとこと日記」として、食事の内容や、インスリン注射のデータ、検査結果などを記録できるようです。
データは、自動でクラウドサーバーに保存され、パソコンからデータの閲覧や、印刷にも対応しているようです。

対応端末は
「らくらくホン ベーシック3」
「らくらくホン7」
「らくらくホン6」
「らくらくホンV」
「らくらくホンプレミアム」

6月末からのサービス開始を予定しているようです。


このニュースですが、私の祖父が糖尿病であり、らくらくホンを利用していことから目に付きました。
祖父は、毎日の血糖値をノートに記録し、携帯電話の歩数計を利用し、毎日の運動量を管理しています。
「からだライフ 糖尿病サポート」を利用すれば、簡単に、血糖値と歩数データを記録でき便利だろうなと思いました。
しかし、少し心配なところもあります。
現在80歳の祖父は、電話をかけることは出来ますが、携帯電話を使って、文字の入力等はすることができません。
操作が複雑すぎるようです。
そうなると、血糖値のデータを登録することはできても、食事のデータやインスリン注射のデータを入力できるかは、入力方法にもよりますが、少し難しいのではないかと思われます。
そういった意味では、簡単に入力できるメニューが期待されます。

現在の携帯電話の10キーを利用した入力方法は高齢者にとって、決して簡単な入力方法とはいえません。
そこで、注目できるのがAndroid端末です。
Android端末の場合は、入力方法もアプリを通して変更できます。
より、高齢者の方にも使いやすいメニューを作ることも可能です。
そういった意味では、Android端末を利用した、糖尿病サポートソフトが開発されてもいいのではないかと思いました。

おそらく今後、糖尿病だけでなく、さまざまな病気をサポートするAndroidアプリがでてくることが考えられます。
その際に、高齢者の方にも使いやすく、わかりやすい、シンプルなメニューのアプリができると、多くの人に利用してもらえるでしょう
そういったソフトが今後でてくることを期待します。

[ 2011/05/22 23:24 ] 携帯電話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mss2011c.blog103.fc2.com/tb.php/68-0b061b0a








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。