スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

htc EVO WiMAX ISW11HT EZwebメールの受信ができない

先日、au のhtc EVO WiMAX ISW11HTのアップデートが実施され、AndroidのOSが2.3へ更新され、EZwebメールの送受信にも対応しました。

詳しい説明はKDDIのホームページをご覧ください。
htc EVO WiMAX ISW11HT アップデート情報


自分の、端末もアップデートして使っていますが、今のところ不具合はありません。
と、思っていたのですが、本日不具合がでました。

EZwebメール(KDDI Eメール (~@ezweb.ne.jp))が今回のアップデートで利用できるようになったのですが、本日メール用のアプリを開いたところ、「受信ボックスの容量がいっぱい」であるとのメッセージが出ました。
ちなみに、受信ボックスにはテスト用に受信したメール1通しかありません。
「Eメール設定」>「Eメール情報」から受信メールの容量を確認しても0パーセントです。
にもかかわらず、容量不足のメッセージが出て、新着問合せもできません。
原因はわかりませんが、おそらく不具合だと思われます。
なお、端末を再起動したら正常に動作するようになりました。
もし、同じような状態になった方がいましたら、再起動を試してみてください。

不具合はありましたが、EZwebメールのアプリは使いやすいと思います。
フォルダ管理もできますし、機能も充実しています。
Docomoのメールアプリの評判があまりに悪かったので、心配していましたが、auのEZwebメールは特に使いにくいとは感じませんでした。
(といっても、まだ振り分け設定をして、一メール送信をしてみただけですが・・・。)
これなら、一般ユーザーの方にも受け入れられるのではないでしょうか。


htc EVO WiMAX ISW11HTに最適な壁紙画像が作れるアプリ
Androidマーケットからダウンロード
「壁紙メーカー」


スポンサーサイト
[ 2011/09/25 01:03 ] Android | TB(0) | CM(0)

htc EVO WiMAX ISW11HTの脆弱性対策がされない件

先日、以下のようなニュースが発表されました。

Android脆弱性問題:未対応モデルも
2011年6月24日 読売新聞

このニュースによると、htc EVO WiMAX ISW11HTは今年3月に発見された脆弱性について、3ヶ月たった現在でも対策が行われていないとの事です。

今後対策予定との事ですが、いったいいつになるのでしょうか・・・。
最近、Androidのセキュリティーに関するニュースが多くなっているように感じます。
今後、スマートフォンが普及していく中で、セキュリティ対策が重要になっていく気がします。
安心して、スマートフォンを利用できるように、こうした問題に、メーカーやキャリアには早く対応をしてもらいたいものです。

なお、htc EVO WiMAX ISW11HTは、「ノートン モバイル セキュリティ (ベータ版)」、「ウイルスバスター™ モバイル for Android™ β」等のセキュリティ対策ソフトが導入可能です。
安全に使うためにもこれらの対策が必要かもしれません。

それにしても、一刻も早くキャリアによる対策が行われることを期待します。

[ 2011/06/27 16:36 ] Android | TB(0) | CM(0)

htc EVO WiMAX ISW11HT ソフトウェアアップデートにより、SMS送信、じぶん銀行に対応

htc EVO WiMAX ISW11HTのソフトウェアアップデートが6月7日に発表されました。

今回のアップデートでは
1. Cメール送信機能の追加
2.「じぶん銀行スマートフォンアプリ」への対応
3.「メールアプリ」(PCメールアプリ) の改善

この3点が改善されます。

まず、Cメールについては、これまでの受信のみの対応から送信もできるようになります。
Cメールは、Cメール対応のau電話の電話番号をあて先として利用できるメールサービスです。
現在は、同じキャリア同士でしかやり取りができませんが、2011年7月13日からNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、KDDI、イー・アクセスの4社が、ショートメッセージサービス(SMS)の相互接続を開始する事が発表されているので、7月13日以降には、電話番号で他社の携帯電話ともSMS(Cメール)でやり取りができるようになります。
Cメールは受信は無料ですが、送信には3.15円/回 (税込)がかかります。

じぶん銀行については、スマートフォンアプリをダウンロードすることによって対応になるようです。

htc EVO WiMAX ISW11HT 付属のメールアプリ(PCメールアプリ) の改善ですが、これは連続したドット「.」が含まれるメールアドレスあてにPCメールを送信した場合、メールが正しく送信されない問題が改ざんされたようです。

なお、アップデートの方法ですが、「メニュー」→「設定」→「この携帯電話について」→「システムソフトウェアの更新」→「更新するソフトウェアをダウンロード」→「今すぐインストール」を選択、実行することで行うことができます。
所要時間は約30分間でその間電話機能を利用できないので注意が必要です。
また、ダウンロードするファイルが約16MBあるので、パケット定額等に加入していない場合も注意が必要となります。


最後に、このアップデートについては友人を通じて知りました。
その友人もauのスマートフォンを利用していますが、アップデートの連絡は、auからユーザーにはメール等を通じて連絡されることは今のところ無いようです。
そのため、こまめにauホームページを確認していないと、たとえ、携帯本体でアップデートの更新通知を適用していても、タイミングによってはアップデートをリアルタイムで知ることができません。
アップデートの連絡等重要な連絡は、Cメールで届く等の対策がとられることを期待します。

[ 2011/06/08 00:48 ] Android | TB(0) | CM(0)

ソフトバンク、AndroidスマートフォンAQUOS PHONE SoftBank 006SH発売を発表

本日、ソフトバンクはAndroidスマートフォンAQUOS PHONE SoftBank 006SHを6月上旬以降にに発売することを発表しました。
今回発表された、AQUOS PHONE SoftBank 006SHは背面に2台のカメラを搭載し、3D写真を撮ることが出来るようです。
また、下り最大14.4Mビット/秒のパケット通信が可能であり、Android2.3を搭載しています。

さて、これでシャープのAQUOS PHONEはDocomo,au、ソフトバンクの3キャリアから発売されることが決まりました。
いずれも、カメラを2台搭載し、3D画像が取れるようで、シャープらしさがでています。

さて、今回の3キャリア(ソフトバンクは夏モデル発表を行っていませんが・・・)の夏モデルを見ると、Docomoはテザリングが特徴、auはガラケー要素を引き継ぎつつ、デザインやキーボードなどに特徴が出ていました。
Docomoのテザリングが3G回線であり、上限が10,395円だったことを考えると、単純にauのほうが機種のラインナップとしては面白かったように感じました。

それにしても、今回の夏モデルは各社、スマートフォンを前面に押し出し、そのほとんどの機種がAndroid2.3を搭載していいることを考えると、Androidスマートフォンにとっては面白い時代がやってきているんだなと感じました。

[ 2011/05/18 23:52 ] Android | TB(0) | CM(0)

auより、夏モデルスマートフォン6機種が発表 全機種Android2.3 テザリング対応機種はなし

本日auより、夏モデルスマートフォン6機種が発表されました。
いずれの機種もAndroid2.3を搭載しています。

以下がそのラインナップです。

シャープ AQUOS PHONE IS12SH
シャープ AQUOS PHONE IS11SH
富士通東芝モバイルコミュニケーションズ REGZA Phone IS11SH T
カシオ計算機 G's One IS11CA
ソニー・エリクソン Xperia acro IS11S
シャープ INFOBAR A01

さて、今回の発表で感じたことを少し書いてみたいと思います。

まず、今回多くの機種は、ガラケー要素である、赤外線、ワンセグ、おサイフケータイ機能を搭載しています。
これは、現在の携帯電話ユーザーがスマートフォンにスムーズに移行するには、必要な機能であるといえます。

また、シャープ AQUOS PHONE IS11SHは従来の携帯電話のようなテンキーを搭載、REGZA Phone IS11SH Tはフルキーボードを搭載しています。
自分が、スマートフォンを利用しだして感じたことですが、やはり今まで、テンキーやフルキーボード搭載携帯電話を使った事があると、どうしても物理キーのほうが使い勝手意が良いと感じてしまいます。
そのあたりに対応したのがこの2機種だといえます。
ただ、友人が使っているスマートフォンREGZAはメール等に不具合が多いみたいなので、その点が改善されているのかが気になります。


auらしさといえば、G's One IS11CAやINFOBAR A01といった機種です。
特に、INFOBAR A01はスマートフォンには珍しく、デザインに力を入れたモデルのようで、ホームメニューもかなりデザインに力をいれているようです。
こういった点は、auというキャリアの面白さを感じます。

残念だった点をいくつか。
まずは、テザリング対応機種が一機種も発表されなかった点です。
これは、現状の3G回線では、テザリングを望むユーザーを満足させることが出来ないのではないか、ということかららしいです。
テザリングはWiMAXが前提になるのではと考え、秋にはWiMAX搭載機種がでるようです。
今回、WiMAX搭載機種がどうなるのか注目していたので残念ではあります。
果たして、秋には海外メーカー製だけでなく、国内メーカーからWiMAX搭載機種は出るのでしょうか。

もうひとつはXperia acro IS11SがEZWebサービス(メールサービス)に対応していないという点です。
メールサービスについては、EVOも含めて、9月下旬までには対応したいとのことのようですが、少し時間がかかりすぎな気がします・・・。
このあたりが今回残念だと感じたことでした。

どうも、秋ごろにはまた面白い機種が出てきそうなので期待していきたいです。



[ 2011/05/17 23:42 ] Android | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。