スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「新・電子立国」 ~ビル・ゲイツとの出会い~


「新・電子立国」にはソフトウェア産業に携わった様々な人々のインタビューが出てきます。

僕が特に印象に残っているのは、「ソフトウェア産業・・・」や「ゲーム・・・」「時代を変えたソフトウェア」での開発に携わった人々のインタビューです。
その中でも印象的だったのが、やはりWindowsを開発したビル・ゲイツへのインタビューです。
この番組には、ゲイリー・キルドールのインタビューもあったのですが、ゲイリー・キルドールはそのインタビューの数日後に亡くなってしまうので、とても貴重なインタビューとなったようです。
そのキルドールに対しての当時マイクロソフト副社長であった西氏の発言などもとても印象的でした。

僕の文章力ではこの番組の構成やインタビューの素晴らしさを伝えることができませんが、とにかく印象深い内容の連続でした。

この番組のおかげで、ソフトウェアの歴史の一端を学ぶことができ、それに携わった人々のことを知ることができました。

この番組を機にビル・ゲイツは僕の尊敬する人物になったわけですが、実はMacを開発したスティーブ・ジョブスのインタビューがこの番組には出てこなかったのです。

そのことは、スティーブ・ジョブスのことを良く知らないで約10年間過ごすことになったのです。
スポンサーサイト
[ 2011/01/29 23:51 ] 新・電子立国 | TB(0) | CM(0)

新・電子立国 ~ソフトウェアとの出会い~

NHKスペシャルで1996年に放送された「新・電子立国」という番組があります。
確か、僕が中学生か高校生の頃だったように記憶しています。

この番組、僕にとっては衝撃的でした。

「新・電子立国」は「電子立国」の続編として作られた番組です。
「電子立国」はシリーズで半導体の歴史について解説したものでした。
そして、「新・電子立国」は前回のハードウェアの歴史に続き、ソフトウェアの歴史について解説した番組でした。
シリーズ9回でソフトウェアについて解説していました。
この番組の特徴は、とにかく関係者のインタビューを中心に、ほとんど知識が無くてもソフトウェアのことやその歴史がわかるように作られていました。

僕は、この新「新・電子立国」の半分ぐらいの回しか見ることができなかったのですが、それでも、ソフトウェアの歴史を知る上ではとても勉強になりました。


この番組を通して、ソフトウェアの面白さと、可能性を知ったといっても過言ではありません。
(しかし、その後ソフトウェアのように道に進むことはなかたのですが…)


その後、書籍やなどで現在のパソコンやインターネットについての歴史について調べたことがありますが、多くはこの番組で取り上げられたことがその中心として載っていました。


「新・電子立国」とても良い番組でした。
しかし、残念なことに現在この番組を見るのは非常に困難です。
NHKからは、以前LDが発売されていたようですが、その後ビデオやDVDでは発売されていないようです。
残念ながら、NHKオンデマンドでも配信されていません。

ソフトウェアの歴史の教科書的な番組だと思うので、是非何らかの形で試聴できるようになると良いのですが・・・。

ちなみに、「新・電子立国」を書籍化したものが発売されていますので、書籍として内容を知ることはできます。




[ 2011/01/24 13:44 ] 新・電子立国 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。